背中の痛みなくなりました【女性の背部痛】

背中の痛みがなくなってよかったですQ.今回のお悩みの内容をお聞かせください

  • 背中が痛くて来ました。私は子供の頃から肩こりで悩んでいて、ひどくなると背中まで痛くなることが多くありました。今回も肩こりから背中の痛みを感じ始めていたのでどうしようかと困っていたところ友人から紹介を受けて来院しました。

Q.施術後の状態をお聞かせください

  • 今はものすごく調子がイイです。背中に羽根がついたみたいに軽くなりました☆

Q.施術中の感想をお聞かせください

  • ちょっと痛かった。でも、そのことを伝えるとスグに強さを調整してくれました。

Q.施術中に印象深かったことをお聞かせください

  • 私の悩みを真剣に聞いてくれるところが嬉しかったです。

Q.施術中に困ったことがあればお聞かせください

  • 先生が治療の計画を立ててくれたのは嬉しかったですが、仕事の都合でなかなか通うことができなかったです。もっとマメに通えばもっと早く治ったのかなぁ。

Q.同じようなお悩みをもつ患者さんに一言

  • 肩こりってなかなか治りませんが、あきらめずに通えば治りますよ。困ったときは岡本先生に相談してみて下さいネ。
症例報告
  • 主訴:頸部~背部の鈍痛。右上肢への放散痛。
  • 背景:前日に重量物を運搬。作業後に左右僧帽筋に痛みを感じ、翌日より背部痛を自覚。
  • 触診:頸部~左右僧帽筋にかけての圧痛。右肩甲骨内側部の圧痛。
  • 検査:wright test,adson test,腱反射, ROM計測。
  • 考察:肩こりによって背部の筋緊張が亢進。肩甲骨の可動域の狭小化をもたらし、右上肢への放散痛が出現したものと考える。
  • 治療:頸部~背部及び右上肢筋群への筋膜リリース。低周波、高周波を用いた電気治療。罨法。頸椎、胸椎への関節モビリゼーション(骨格矯正)。徒手による手技療法。pnfを用いた関節可動域訓練。ストレッチポールを用いた体幹トレーニング。
担当者コメント / 岡本
ご感想ありがとうございました。
肩こりをお悩みに来院される方は多く、岡本屋でもかなりの数の相談を頂く症例の一つとなります。その程度や性状は様々ですが、みなさんに多く見受けられる特徴の一つが姿勢の悪さです。特に猫背の様相を呈する方は背中の筋肉が硬直する傾向が強く、肩甲骨の可動域制限が生じているケースがほとんどです。
正しい姿勢を獲得し自然な肩甲骨の動きを獲得できれば肩こりは改善することができます。今回も姿勢の改善をテーマに治療に取り組んだのが功を奏したようですね。どうぞ今後も正しい姿勢を維持して健康なカラダを保って下さい。