肩の痛み

胸郭出口症候群

首から腕にいく神経の首から肩までの部分が何らかの原因で引っ張られたり圧迫されたりして現れる神経症状を指します。

原因 

なで肩や肩のまわりの筋肉の弱い人は、腕神経叢が腕の重さで引っ張られて症状が出やすくなります。逆に、肩の筋肉が発達している人は、腕を上げたときに腕神経叢が圧迫されて症状が出やすくなります。血管も同時に圧迫されますが、あまり問題はありません。体型以外に生まれつきの筋肉や骨の異常が関係していることもあります。

症状 

若い女性に多くみられ首から腕にかけてしびれや痛み、だるさを訴えます。また、頭痛、めまい、肩こりなど、心理的ストレスが誘因と思われる、自律神経症状が現れることもあります。

検査・診断 

Ⅹ線撮影検査、血管造影、神経造影などがありますが、体型や仕事、症状の出やすい状況をよく聞き詳しく診察して判断します。

治療 

原因をよく理解し、それに合った治療が必要です。腕の重さを減らすために三角巾で腕を支えたり、圧迫が原因なら手術も有効です。筋力が弱い人は、上半身の筋力強化が必要です。

2022年10月17日

PLAY NOW

© 2024 名古屋市南区 接骨院岡本屋|むちうち・交通事故治療・労災治療・骨盤矯正対応