腰の痛み

肋骨骨折

胸の前から背中にかけての部分を胸壁といいます。この胸壁を形づくる助骨と助軟骨骨折といいます。重症では内臓損傷をきたす場合もあります。

原因 

胸に軽く何かが当たったり、咳が長く続いたとき、バットを強く振った瞬間など、いろいろな状況で骨折が起こります。

症状 

損傷部の胸の痛みが、急にあるいは徐々に強くなってきます。痛みのために、せきをするのもつらく、着替えたり、起き上がることなども困難になります。強力な外力を受けて骨折した場合は、肺や肝臓、脾臓、腎臓などの損傷を伴う事が少なくありません。肺損傷を合併すると、呼吸が苦しくなります。

検査・診断 

肋骨骨折はX線撮影検査でわかります。肋軟骨骨折は、状態をよく観察すれば診断できます。肺損傷はX線撮影検査でわかる場合もありますが、CT、MRI、超音波検査などで、より詳細に状況を知ることができます。

治療 

全身的なからだの安静と胸部の固定が第一です。順調に経過しても、数週間はからだを動かすときに痛みを伴います。痛みが取れたとしても、完治するにはそれからしばらくかかります。内臓損傷を合併することもありますから、速やかに治療を受けないと危険な場合が少なくありません。

岡本屋で治療を行うなら

肋骨骨折においては固定するのが難しいため固定で治すのを優先するのではなく、手技療法や温熱刺激、高周波などを用いて早期回復を目指します

  • 温浴を用いて温熱刺激による血流循環の促進させ組織の回復力を高めます
  • 手技療法によって患部付近の筋肉に筋肉の緊張を和らげます
  • 高周波を使って患部の痛みのコントロールを行います

運動器ひとくちコラム

●単純骨折と複雑骨折
骨折だけで皮膚は破れていない場合を単純骨折といい、皮膚が破れて出血を伴い、骨折部と外が交通している場合を複雑骨折、あるいは開放性骨折といいます。ばらばらに砕けて折れた場合は粉砕骨折といいます。

2022年10月21日

PLAY NOW

© 2024 名古屋市南区 接骨院岡本屋|むちうち・交通事故治療・労災治療・骨盤矯正対応