足が痛い

オスグッド・シュラッター病

大腿四頭筋の付着部である脛骨粗面が大腿四頭筋の緊張によって、痛みや腫れ、熱感を招いてしまった状態。活動力の旺盛な成長過程の男児(10~15歳)に発症することの多いスポーツ障害である。どの種目においても起こりうるトラブルではあるが、特にサッカー選手に発症する例が多い。程度の軽いものであれば競技を中断しアイシング等で痛みをコントロールすることは可能だが、重症度の高いものでは脛骨粗面骨折へと移行する例もある。

< 原因 >
ジャンパー膝と同様に太ももの前側の筋肉を繰り返し緊張させるような動作で発症します。ジャンパー膝が膝蓋腱に起こる障害に対しオスグッド・シュラッター病においては膝蓋骨のやや下側に起こる骨のトラブルとなります。

< 症状 >
局所の熱感や痛みが主となりますが、トラブルの程度によっては大きな腫れを伴うなどの変形が起こります。その他の特徴としては運動の中止で痛みが和らぐことがあります。

< 診断 >
その特徴的な所見と外観の変形から診断は比較的容易ではありますが、ケースによってはレントゲン検査や超音波診断装置を用いての画像診断に頼ることになります。

< 治療 >
成長期が終わり太ももの骨が完全に固まってしまえば痛みを感じなくなる例がほとんどですが、損傷の程度が激しい例では太ももの筋肉が付着している部分が完全にはがれてしまい局所の変形を残すことになります。そのためしっかりと治療を行う必要性があると考えます。練習中に痛みを強く感じる際には運動を中止しアイシング等の処置を施し、日常から股関節や太もものストレッチに取り組みます。またスオスグッドバンド等のサポーターの使用も効果が高いと考えます。

運動器ひとくちコラム

●O脚とX脚
正常でも1~2歳では両足をそろえて両方のかかとをつけると、ひざとひざが離れてしまいます。そして2~4歳ごろになると両方のひざをつけるとかかとが離れている傾向があります。それがある程度以上離れている場合に前者をO脚、後者をX脚と表現します。治療方法は、両足をそろえてX線撮影検査を行って計測をし、正常値と比較して決定します。

PLAY NOW

© 2023 名古屋市南区 接骨院岡本屋|むちうち・交通事故治療・労災治療・背骨、骨盤矯正対応