page contents

接骨院 岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応

予約優先

運動会@大磯小学校

237 views
約 3 分

ども~(*´∀`*)ノ

日焼けで首が痛いです

院長の岡本です

今日は子供の通う小学校で運動会

PTA会長として

子を持つ親として

十二分に満喫してきました

まっ、何事も楽しまな損ですので

開会式のあいさつでも

しっかりと自分らしさをアピール

しっかり挨拶してきましたスゲー楽しんでるでしょ( 笑 )

まぁ、ホントはイノキのモノマネでダーしてきたかったんですが

事前調査では10歳以下の子供たちには

ダーが分からない

とのオドロキの結果が出てしまいましたので

オーソドックスなタイプの掛け声となりました

時節を踏まえれば

ヤングマンでも歌えばよかったのかもしれませんが

なかなかねぇ~

ジェネレーションギャップに悩む年齢となり

持ちネタを披露するシーンを考えなくてはならなくなりました

肝心の運動会の方はと申しますと

感激

この一言に尽きますね

特に六年生の長男の組体操を見た時はね

ジュワ~

っと目頭が熱くなりました

タイミング的に

一年生のかけっこを見た後だったからなのかもしれませんが

おぼつない雰囲気で様子をうかがいながらピョコピョコ走っていた長男が

こんなに堂々と人前で演技を披露できるようになったんだと思うと

感激もひとしおでした

応援団長やってます実は今回は親子のコラボレーションと言うか

僕 = PTA会長

長男  = 児童会会長

という立場での運動会でしたから

いつもの運動会よりもグ~っと感情移入するところがあったのかもしれませんね

それにしてもホントに子育てってのはいろいろな経験をさせてもらえますわ

怒れちゃう時もあるけれど、やっぱり子供がいてくれてよかった

しみじみと思います

きっと今日の運動会は一生モンの宝物になりますね

死ぬ時は棺桶にDVDいれてもらおーっと

今回の学びから得た

【本日の一句】

楽しいわ 子供と一緒の 運動会

接骨院岡本屋   岡本治之

んな感じで

今日も一日ありがとうございました (*´ 3`)/~

接骨院岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応
名古屋市南区大磯通4-18-1 ℡.0120-828-184 http://okamoto8.com

アーカイブ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
14151617181920
28293031   
       
     12
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
19202122232425
2627282930  
       
1234567
293031    
       
     12
       
  12345
6789101112
       
  12345
6789101112
2728     
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       

岡本屋channel

この記事を書いた人

接骨院岡本屋院長岡本 治之
院内では岡本屋の大黒柱として自信を持って患者さんに臨んでいますが、自宅に帰ると借りてきたネコのように静かになります。奥さんの前でも堂々と立ち振る舞うことが最近の目標です。名古屋グランパスをこよなく愛し、シーズン中は瑞穂競技場のゴール裏に子供同伴で出没することがしばしばあります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK