page contents

接骨院 岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応

予約優先

職場で宿題【次男坊の場合】

132 views
約 3 分

ども~(*´∀`*)ノ

生イニエスタ見に行きたいです

院長の岡本です

先日の日曜日の試合を最後に

Jリーグはワールドカップのために一時中断

普段だったら長官のスポーツ欄をじっくり時間をかけて読むところなんですが

今朝はサラ~っと済んでしまいました

もちろん日本代表は応援しますけど

その前にはやっぱりグランパスのコトが気になります

いっくら成績が振るわなくったって

好きなモンは好きなんです

再開は7/18かぁ~

2ヶ月弱もありますねぇ

まぁ~、スポーツセンターに練習見に行かなイカンかなぁ…

この中断期間にきっとテコ入れはするでしょうから

とりあえずホームページは毎日チェックしておこうと思います

さて

岡本屋は一階が接骨院

二階が自宅といった感じになっているので

常に子供たちの存在を感じながら仕事をすることとなります

だから困っちゃうこともあるんですが

子の成長を間近に感じることができるのは幸せなコトでもあります

今日は次男坊がボクの横で学校の宿題と格闘中

本読みしてました

本読みしてましたボクの仕事場で宿題をするのは本人も恥ずかしいみたいで

スゴく嫌がっていたんですが

もうそんなコトは言ってられません

このボーズ

ぜんぜん宿題をやらないんです( 怒 )

なんだかんだ理由を付けて

寝るギリギリに宿題を始めたり

学校に行く寸前に宿題をやろうとするもんですから

コッチも強硬手段に訴えるしかありませんわね( 笑 )

コレに懲りて学校から帰ったら

まずは宿題を終えるような習慣を身に着けてくれるとイイんですけど…

ボクも仕事をしながら相手をするのは大変ですが

次男坊の生活が改まるまではこの習慣を続けていこうと思います

どーか、次男坊がお利口になりますように…

今回の学びから得た

【本日の一句】

子育ては 粘り強さが 必要だ

接骨院岡本屋   岡本治之

んな感じで

今日も一日ありがとうございました (*´ 3`)/~

接骨院岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応
名古屋市南区大磯通4-18-1 ℡.0120-828-184 http://okamoto8.com

アーカイブ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
14151617181920
28293031   
       
     12
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
19202122232425
2627282930  
       
1234567
293031    
       
     12
       
  12345
6789101112
       
  12345
6789101112
2728     
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       

岡本屋channel

この記事を書いた人

接骨院岡本屋院長岡本 治之
院内では岡本屋の大黒柱として自信を持って患者さんに臨んでいますが、自宅に帰ると借りてきたネコのように静かになります。奥さんの前でも堂々と立ち振る舞うことが最近の目標です。名古屋グランパスをこよなく愛し、シーズン中は瑞穂競技場のゴール裏に子供同伴で出没することがしばしばあります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK