page contents

接骨院 岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応

予約優先

challenge to Bouldering @ ぴなくる2

218 views
約 3 分

ども~(*´∀`*)ノ

ティファールのアイロンが欲しいです

院長の岡本です

子供の多い岡本家

実はフツーに生活を送るだけでも一苦労なんです

特に朝はヤバイですねぇ

子供たちに朝ご飯を食べさせ

時間通りに学校へ送り出すのは至難のワザ

落ち着いて考えてみれば

たかだか登校前の準備だけなんですが

それがなかなかできんのだよね

朝はぜんぜん起きてこんし

急に

ノート、持ってかないかん

とかワケの分からんことを言い出すし

とてもとてもついていけません

そもそもは僕たち夫婦の力不足ではあるんですが

他のお家はどうやって上手に朝のマワシをしてるんですかねぇ?

こんな感じでやっとるよ

って方がいらっしゃれば、ぜひご一報をお願いします

さて

月末の木曜日は青年部の勉強会に参加のため午後はお休みを頂いています

はい

今年で42になりますが

いちおー青年のくくりとなっています( 笑 )

今日は現在ブームとなっているボルタリングを通して

体幹の大切さを身を持って体験してきました

ボルタリング初挑戦です!テレビで見たことはありましたが

見るとやるとでは大違い

初挑戦のボクは要領が分からず

腕力だけで昇っていたら

腕はプルプル

脚はガクガクしちゃいました

体力には自信があったんだけどなぁ…

その自身はあえなく崩れ去りました

もちろんコツもあるんですが

体重の移動だったり

姿勢の保持は

やっぱり体幹の使い方に強く影響しているんじゃないかなぁと

改めて認識させられました

あとはコレをどのようにして

岡本屋で提案する体幹トレーニングに生かすかってトコですよね~

んー

ボルタリングをそのまま患者さんに提案するワケにもいかんしなぁー

アタマを悩ませるところですわ

でも、せっかく貴重な体験をしてきたんだから

楽しかったぁ~だけでは終わらせないようにしたいと思います

今回の学びから得た

【本日の一句】

初挑戦 ボルタリングは 完敗や

接骨院岡本屋   岡本治之

んな感じで

今日も一日ありがとうございました (*´ 3`)/~

接骨院岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応
名古屋市南区大磯通4-18-1 ℡.0120-828-184 http://okamoto8.com

アーカイブ

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
14151617181920
28293031   
       
     12
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
19202122232425
2627282930  
       
1234567
293031    
       
     12
       
  12345
6789101112
       
  12345
6789101112
2728     
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       

岡本屋channel

この記事を書いた人

接骨院岡本屋院長岡本 治之
院内では岡本屋の大黒柱として自信を持って患者さんに臨んでいますが、自宅に帰ると借りてきたネコのように静かになります。奥さんの前でも堂々と立ち振る舞うことが最近の目標です。名古屋グランパスをこよなく愛し、シーズン中は瑞穂競技場のゴール裏に子供同伴で出没することがしばしばあります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK