page contents

接骨院 岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応

予約優先

LINE@始めました

183 views
約 3 分

ども~(*´∀`*)ノ

生活が乱れきってます

院長の岡本です

稀勢の里の休場が決まり

横綱は鶴竜の一人だけとなりました

去年は久しぶりに4横綱がそろうって話題が

世間を賑わせたこともあったのに

なんともさみしい話ですね

だいぶ落ち着いてはきましたが

去年から土俵外の騒動で盛り上がっている感があって

どーもツライものがあります

才能のある若い力士がたくさんいるのになぁ…

初場所もあと2/3

今からでもグーッと盛り上がってくれるとイイんですけどね

さて

正月気分もようやく終わり

アタマは仕事モードにしっかりチェンジ!

なんか面白いモンないかなぁ~

って探してたら…

ありました、ありました!

L I N E @

はっ? いまさら

って笑われてしまうかもしれませんが

遅ればせながら岡本屋もLINE@を本格的に運用することとなりました

実はアカウント自体はずーっと前に作ってあったんですが

使い方があんまり分からなくて放置しちゃってたんですよね( 汗 )

でも、よーくよく考えてみるとかなり使えるツールっぽいです

まず、なにがスゲーって

国民の70%以上がスマートフォンを所有する世の中で

LINEアプリの使用率はオドロキの67%

この数字を南区に充ててみると

1日1回でもラインを使ってる人は

65000人

もうビックリする数字ですよ

もちろん地域性だったり、要素はいろいろあるんで

こんな単純な数式で求められるものではありませんが

チャレンジする価値は絶対にありますよね

そのためにはまず

本を読む習慣があまりありません…お勉強

物事は成すには

とりあえず始めてみようって大胆さと

ベースだけはしっかり押さえる慎重さのバランスが

大切じゃないのかなぁって思ってます

まぁ、タイプ的には大胆さの方が勝っているかもしれませんけどー( 笑 )

この週末で読み終わらせて

見切り発車でもいいから来週から本格的に運用させてみよっと

まずはお友達の人数がそろわないことには始まらないんで

興味のある方はぜひぜひお友達になってください

お友達大募集です!よろしくお願いしまーす☆

【本日の一句】

おもしろそう 動機はただの 好奇心

接骨院岡本屋   岡本治之

んな感じで

今日も一日ありがとうございました (*´ 3`)/~

接骨院岡本屋|名古屋市南区の接骨院・むちうち・交通事故治療・労災治療対応
名古屋市南区大磯通4-18-1 ℡.0120-828-184 http://okamoto8.com

アーカイブ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
14151617181920
28293031   
       
     12
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
19202122232425
2627282930  
       
1234567
293031    
       
     12
       
  12345
6789101112
       
  12345
6789101112
2728     
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       

岡本屋channel

この記事を書いた人

接骨院岡本屋院長岡本 治之
院内では岡本屋の大黒柱として自信を持って患者さんに臨んでいますが、自宅に帰ると借りてきたネコのように静かになります。奥さんの前でも堂々と立ち振る舞うことが最近の目標です。名古屋グランパスをこよなく愛し、シーズン中は瑞穂競技場のゴール裏に子供同伴で出没することがしばしばあります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK